片桐朱璃容疑者の大学を特定、北海道大学を出た知識人なのに何故 | Hipo Times
事件

片桐朱璃容疑者の大学を特定、北海道大学を出た知識人なのに何故

事件

片桐朱璃容疑者の出身大学を調査します。片桐容疑者の高校教師としての専門は農業です。農業となると全国に172個もあります。国立大学だけでも48校あります。片桐朱璃容疑者は北海道の公立高校に就職しているってことは北海道の大学院の可能性が高いです。

片桐朱璃容疑者の出身大学を特定、北海道内にある酪農・農業系大学は8校です。その中で農業学科があって、英語の教員免許を取れるのから調べて掲載しています。

片桐朱璃容疑者の顔写真掲載、ニセコ高校の写真で判明!!

道内の酪農・農業系の大学

帯広畜産大学 国立大学
帯広にある国立大学今回の帯広農業高校に一番近いですが、畜産学部と獣医学部しかない宮田麻子さんは英語先生教育学部などがないため、ここは候補から外れます。
北見工業大学
北見にある大学で宮田麻子さんの今住んでいる地域に一番近いです。地球観光工学科と地域未来デザイン工学科ここも教育学部などがないため候補から外れます。
北海道東海大学
キャンパスは北海道内に2ヶ所旭川と札幌になります。旭川は芸術工学部、札幌キャンパスは国際文化部と、生物学部です。北海道から出ると学部はたくさんあります。旭川キャンパスは2014年3月31日になくなています。
湘南キャンパスに教育学部があります。同じ大学としては当てはまりますが、キャンパスも違くなる為違います。
東京理科大
北海道は長万部キャンパス学部は経済学国際デザイン経営学科生命科学科などは北海道外になるためこの大学も違います。
北海道大学 国立大学
札幌の広大な敷地面積をもつ大学です。国立大に中で一番敷地面先が広く総面積は660平方キロメートルです。学部は文学部・教育学部・法学部・経済学部・理学部・医学部(医学科・保健学科)・歯学部・薬学部・工学部・農学部・獣医学部・水産学部です。同じ大学・北海道内と仮定しています。ということではかなり近いです。
北海学園大学
経済学部・経営学部・法学部・人文学部(ここに高校の英語の先生になれる学科があります。・工学部(ここに生命科学科)がありますが、農学部はありません。
室蘭工業大学 国立大学
理工学部のみのため、英語の先生にはなれない。ためこの大学は候補にならないことが分りました。
酪農学園大学
ここには酪農学部が初めて設立された私立大学です。酪農学部は当てはまりますが、宮田麻子さんが英語の教師になることはできない為ここは違います。

ネット民からの情報

北海道で農業の免許取れるのは北大と畜大と酪農学園だけだろ

あれだけ年齢が離れているのに同じ大学に?
女性の方がかなり後に大学に入学したのか?

12歳も年上かあ
二人とも酪農学園大かあ

帯広農業も美幌も畜産系と作物系の両方あるけど、ニセコにいたから多分作物系の教員かね
北海道の農業高校は大学レベルのこと割としているよ

こう見ると、一番濃厚なの北海道大学になります。

ネット民の情報では酪農学園大学

ネットからは酪農学園大学が浮上しています。理由は酪農ジャーナル2010年1月号に片桐朱璃という人物の名前がり論文の著書にも片桐朱璃の名前があります。

どこまでも続く青空と大地、草地がはぐくんだ伝統のチーズ作り-中国・内蒙古の酪農事情-
市川治・○○○○○・○○○○・片桐朱璃
この論文で片桐朱璃容疑者は、市川治教授の研究室にいたことがわかりました。このことで酪農学園大学の大学院修士課程にいたことがわかっています。
18歳大学入学(大学は不明)
一番有力なのは北海道大学になります。
2009年4月酪農学園大学大学院入学
2011年3月酪農学園大学大学院卒業
2011年4月狩高校赴任
2016年3月北海道ニセコ高校赴任
2016年4月から美幌高校赴任
2022年3月帯広農業高校赴任
2022年3月まで美幌高校赴任。美幌高校赴任中に宮田麻子さんと一緒にクラス担任をしたことがります。
2022年4月に帯広農業高校に赴任しています。

二人の出身校は北海道大学

北海道大学ならしっくりするんですが、はっきりとした確認は取れていないんです。
酪農学園大学の大学院で農学部の修士課程をとているのはわかっています。そうなると、出身大学は違う大学になる可能性が濃厚になってます。残りは北海道大学になってきます。宮田麻子先生が高校の英語教員になるには北海道大学しかなくなるため、片桐朱璃容疑者と宮田麻子さんの出身大学は北海道大学になります。

出身高校は網走南ヶ丘高校と判明

片桐容疑者は北海道網走市出身で、高校時代は野球部に所属。9年間勤務した美幌高では野球部監督を務め、帯広農業高でも副部長をしていた。同校は昨年、39年ぶりに夏の甲子園出場を果たしている。
(ライブドアニュースから抜粋)
上記にて片桐容疑者の出身は北海道網走網走なのがわかっています。出身は網走市であれば、小学校も中学校も、高校も網走の可能性があります。そこで調査を続けています。そこで見つけています。
帯広の事件、帯広農業高校の野球部の部長じゃん。俺のひとつ
下で網走南ヶ丘高校の野球部員で春まで美幌高校の野球部の監督
だった。(twitterからの抜粋)

やはり高校は網走だったそうなると片桐容疑者の出身大学は北海道大学としていましたが、違う可能性が出てきます。

網走南ヶ丘高校から北海道大学に行く可能性は限りなく低いんです。もし、教育学部に行くなら、北海道教育大の方が進学できる確率はかなり高くなります。まだ完全にはわかっていません。今後も調査していきます。

追記:片桐朱璃容疑者と、宮田麻子先生は違う大学

当ホームページに投稿がりました。全文は掲載しませんが、片桐朱璃容疑者のことをしゅりちゃんと書いている時点で自分は信用しています。その内容は片桐朱璃容疑者と、宮田麻子先生の出身大学は同じではないことが書かれています。
再調査していきます。片桐朱璃容疑者は網走南ヶ丘高校出身だと調べています。網走南ヶ丘高校の偏差値は54、そして、北海道内で農学の先生になれる大学は4つになります。
北海道大学 偏差値50~65
帯広畜産大学 偏差値45~60
東京農業大学オホーツク海キャンパス 偏差値40~52
酪農学園大学 偏差値FB~35
この大学の中で英語の教師になれる学部を持っているのは北海道大学のみです。もしかしたら、同じ大学というのは北海道大学かもしれませんが、違う大学だった可能性もあります。真実を追い求めていきたいです。

今だに報道されない殺害理由

・宮田麻子先生は家族に釧路に行くと言っていたが、釧路に行く目的は最初報道されて今ませんでした。宮田先生の目的は「片桐朱璃容疑者が副部長を務める野球部の試合を見に行っていた」と、マスコミによる報道は不倫のコメントを引き出そうとしている報道が多く、本当の理由は本人から聞けないのでわかっていないです。

唯一の証言のできる片桐朱璃容疑者は理由を話しているかわかりませんが、理由についての報道はされていないのです。

報道は宮田麻子先生の写真や二人の家族構成も取り上げていますが、内容は不確かのものもあります。また、初めの時点で宮田麻子先生の夫は片桐朱璃容疑者を知っているような報道もあり、どうして知っているのかと調べると2022年3月31付けで別の高校に移動になっています。

何かがあって内密に処理しようとして、教育委員会の決定なのかもしれないし、偶然の一致なのかもしれないのです。

憶測じゃない片桐容疑者の本当の言葉を正確に民衆に伝え、何が起きたのか隠さず伝えたいのです。その中で被害者やその家族の日常を暴露するのは行き過ぎです。加害者でも、被害者でも悲しい事件なのはわかっています。

片桐朱璃雨容疑者は「別れ話でもめた。宮田さんとの関係に疲れた」と容疑を認めてたことで不倫関係になっていたことが自供でわかっています。ここでやっと片桐朱璃雨容疑者と宮田麻子先生との関係がわかっています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました