小野優陽ちゃん家庭環境が凄い「未成年出産の闇」大阪府富田林市 | Hipo Times
大阪府小野優陽ちゃんDV事件

小野優陽ちゃん家庭環境が凄い「未成年出産の闇」大阪府富田林市

大阪府小野優陽ちゃんDV事件

大阪府富田林市の集合住宅での一室でベビーサークルに入れられた状態で放置され亡くなった2歳の小野優陽(おのゆうは)ちゃん。保護責任者遺棄の疑いで、祖母の小野真由美容疑者と祖母の内縁の夫、桃田貴徳容疑者が逮捕されています。

小野優陽ちゃんの家庭環境、両親、叔父、祖母、祖父、家族構成、どうして亡くなったのかまとめます。

小野優陽ちゃんが生まれた時からDVで両親から引き離されていた

小野優陽ちゃんは実の祖母である小野真由美容疑者と、その内縁の夫である桃田貴徳容疑者に自宅である集合住宅のベビーサークルの中に置き去りにされています。小野優陽ちゃん父親・母親は一体どうして一緒にいないのか調査しています。

小野優陽ちゃんは実の父親とも母親とも住んでおらず、祖母である小野真由美容疑者に引き取られたことが分かっています。

小野優陽ちゃんの父親は、2020年1月小野優陽ちゃんが0歳のときに、小野優陽ちゃん母親に対して暴力を振るったことにより、面前DVに当たる心理的虐待として父親・母親とは別々に暮らすようになっています。

小野優陽父親ツイッターを特定「父と娘の二人三脚」大阪府富田林市

この時に、小野優陽ちゃんは祖母である小野真由美容疑者が引き取っています。小野優陽ちゃんは祖母の所に預けられても、祖母である野真由美容疑者と桃田貴徳容疑者に自宅に放置、だけでなく、逃げられないようにベビーサークルの中に閉じ込められた状態で放置という虐待を受けて亡くなっています。

小野優陽ちゃんは虐待の恐れがあったとして0歳の時から虐待レベルが高いとして「要保護」と認定され両親と引き離されています。2021年12月に虐待レベルが「要支援」に引き下げられていますが、実は要保護から要支援に引き下げられた理由は現時点では明らかになっていないです。

虐待の要支援とは、保護者の養育を支援することが特に必要と認められる児童のことをいいます。大阪府富田林市は2020年10月以降、一度も家庭訪問をしていなかったと情報が入っています。どうして虐待のレベルを確認して要支援に引き下げたのか今後調査していきます。

情報量多いな
つか両親はどこいったんだ
(5ちゃんねるから引用)
両親となんで別居してるんや
(5ちゃんねるから引用)
両親なにしとんねん?
(5ちゃんねるから引用)
母親はどこ行ってたんだろう?
(5ちゃんねるから引用)

追記:2年前入浴中に溺れて搬送

小野優陽ちゃんは、生後11カ月だった2020年6月に入浴中に溺れて意識不明の状態で病院搬送されていることがわかっています。真由美容疑者が優陽ちゃんから目を離していたという不注意が原因で事故につながっています。この時児童相談所は真由美容疑者を指導しています。

2020年12月この事故が要支援に下げることに影響はなかったようです。

以下は市町村要保護児童対策地域協議会実務から引用していますが家庭訪問もしていないのに何をして引き下げったのかは今後調査していきます。

市町村要保護児童対策地域協議会運営の実務

要保護児童(児童福祉法第6条の2第8項)
保護者に監護させることが不適当であると認められる児童及び保護者
のない児童(現に監督保護している者がいない児童)のことをいいます。
具体的な対象児の例は次のとおりです。

保護者が虐待している児童
・ 保護者の著しい無理解又は無関心のため放任されている児童
・ 保護者の労働又は疾病などのため必要な監護を受けることのでき
ない児童
・ 知的障がい又は肢体不自由等の児童で保護者のもとにあっては、
十分な監護が行われないため、専門の児童福祉施設に入所して保
護・訓練・治療したほうがよいと認められる児童
・ 不良行為(犯罪行為含む)をなし、又はなす恐れのある児童
・ 孤児、保護者に遺棄された児童、保護者が長期拘禁中の児童、家
出した児童等
(市町村要保護児童対策地域協議会実務から引用)

要支援児童(児童福祉法第6条の2第5項)
保護者の養育を支援することが特に必要と認められる児童のことをい
います。
具体的な対象児と保護者の例は次のとおりです。

出産後、間もない時期(おおむね 1 年程度)に育児ストレス、産後
うつ状態、育児ノイローゼ等の問題によって、子育てに対して強い
不安や孤立感を抱える保護者とその児童
・ 食事、衣服、生活環境等について、不適切な養育状態にある家庭
など、虐待のおそれやそのリスクを抱え、特に支援が必要と認めら
れる保護者とその児童
・ 乳幼児健康診査未受診の家庭で、その後の受診勧奨にも合理的理
由なく受診せず、今後の支援を必要と判断される保護者とその児童
・ 児童養護施設等の退所又は里親委託の終了により、家庭復帰した
後の保護者とその児童
(市町村要保護児童対策地域協議会実務から引用)

小野優陽ちゃんの母親は未成年泣く泣く預けた

小野優陽ちゃんの母親について調査していきます。現時点で見つかっている情報は、小野優陽ちゃんの母親は現在19歳という噂が浮上しています。小野優陽ちゃんの母親は当時17歳、高校2年生くらいの時に優陽ちゃんを未成年の時に出産しています。

小野優陽ちゃんの母親は高校に通い部活をして、仲の良い友達と遊びたい年頃なのに出産という辛さの後にDVという辛さ、子供と引き離される辛さという3重の辛さという状況になっています。

小野優陽ちゃんの母親は優陽ちゃんが0歳の時から別居しています。顔画像は公に出てくることはDVからの保護のためでてくることは無いです。どこかででてきてしまうかもしれません。小野優陽ちゃんの母親は自分の娘の幸せを切に願い、義母に預けたが結局虐待という結果で完全に失うことになっています。

小野優陽ちゃんはどうして小野真由美容疑者に引き取られたのか?

小野優陽ちゃんが産まれたのは2年前です。祖母である小野真由美容疑者は44歳です。よくある若い祖母です。小野優陽ちゃんの父親は小野真由美容疑者の三男現在20歳と分かっています。そして小野優陽ちゃんの母親は現在19歳

当時18歳の父親のDVによって、でた判断は父親とを離すこと。母親は17歳、DVに耐え兼ねて申請したことになります。当時優陽ちゃんの母親は17歳だったため、自身の家族の支援なしには子供を引き取れない可能性があります。

当時の心境としては小野優陽ちゃんの母親は実家に力を借りれる状況ではなかったため、泣く泣く優陽ちゃんを小野真由美容疑者に預けることになったのかもしれないが、実際3人家族はバラバラになっています。

まだまだわからないことが多いため小野優陽ちゃんの母親について情報が入り次第追記いたします。

国からお金でるからおばあちゃんになったんやろ
(5ちゃんねるから引用)

 

小野優陽父親ツイッターを特定「父と娘の二人三脚」大阪府富田林市

小野優陽ちゃんの父親は接近禁止か!!

小野優陽ちゃんの父親は、小野真由美容疑者の三男であることがわかっています。そして優陽ちゃんの目の前で小野優陽ちゃんの母親に暴力を振るっていたそうです。妻へのDVしたことが理由で小野優陽ちゃんと過ごすことはできない状況になっています。

小野優陽ちゃんの父親は自分の子供である優陽ちゃんを母親に預け自分は別居しています。一緒に過ごすことができなくても会いに行くことはできたはずです。でも、産後の小野優陽ちゃんの母親に暴力を振っている事実のある父親が小野優陽ちゃんの様子を気にするとは考えにくいです。

もしかしたら、DVしていたことで小野優陽ちゃんの母親だけでなく、小野優陽ちゃんにも接近禁止にもなっていたのかもしれませんが今のところ分かっていません。

小野優陽ちゃんの父親は、今回の事件を知って何を考えたのでしょうか、母親を責めたのか、小野優陽ちゃんの母親を責めたのか、自分を責めたのかはわかっていないです。小野真由美容疑者の家では前夫との4人の男の子の他に現在の夫との間に5人目の子供がいます。

小野優陽ちゃんの父親から見たら、小さい頃から小野真由美容疑者前夫、実の父親からの家庭内暴力が存在していたかもしれないのです。事実とは違う可能性もあり、今後も調査していきます。

追記:小野優陽ちゃんの父親は報道と違う

小野優陽父親ツイッターを特定「父と娘の二人三脚」大阪府富田林市

小野優陽ちゃんの家庭環境は複雑

小野優陽ちゃんの家庭は複雑な家庭環境でした。家族構成をまとめることにします。

 

小野優陽ちゃんの父親は、小野優陽ちゃんの祖母、小野真由美容疑者の三男に当たります。小野優陽ちゃんの父親は小野優陽ちゃんが生まれた時に婚姻状態にあったのか。現時点では分かっていないです。現在小野優陽ちゃんとも小野優陽ちゃんのお母さんとも一緒には住んでいません。

小野優陽ちゃんと同居していたのはを小野優陽ちゃん含めてこの5人になります。

これは現在の年齢です。
小野真由美容疑者(祖母)=46歳
桃田貴徳容疑者(祖母の内縁の夫)=50歳
小野真由美容疑者の四男(叔父)=15歳
小野真由美容疑者の五男(叔父)=5歳
小野優陽ちゃん=2歳
祖母に当たる小野真由美容疑者は、現在の内縁の夫である桃田容疑者との間に男の子五男(5歳)、前夫との間に4人の男の子を産んでいます。長男~三男が別居しているのはすでに自分で生計を立てているからだと思いたいですが、内縁の夫との関係が悪いからかもしれないです。
小野優陽ちゃんの生まれた環境は大変複雑で、生まれ他時点で母親へのDVで一家離散、自分が一緒に住んでいるのは祖母、祖母の内縁の夫、15歳の叔父と5歳の叔父、こんな状況で家のベビーサークルに閉じ込められ亡くなっています。
両親とは別居?
祖母と内縁の夫が世話?色々複雑すぎる環境でワロタ
(5ちゃんねるから引用)
家族構成がよくわからん(爆サイから引用)
殺された子は孫でUSJ連れてった5歳の子は新たな内縁の旦那との子供。
典型的な家系図描くと無茶苦茶になってる底辺一家。
(爆サイから引用)
家族構成みたら、だいたいの生活環境が分かるね
この家族構成見たら、家庭環境おかしくないか?と思うはずです。そもそも父親と母親は小野優陽ちゃんが0歳の時に別れて、父親に引き取られただけでなく、一緒に住んでいるのが祖母と、祖母の内縁の夫、祖母と前夫との子供(四男15歳)祖母と内縁の夫との子供5歳そんな小野優陽ちゃんは熱中症で亡くなっています。

小野優陽ちゃんの死因

前夫との間に4子いて3男の子供が死んだ孫
内縁の夫との間にも1子いて内縁夫とともにUSJ行ってた
(5ちゃんねるから引用)
2歳ならもう一緒に連れてっても大丈夫なんやない?
泣きわめかんやろ
(5ちゃんねるから引用)
2歳めっちゃ泣き喚くで
イヤイヤ期もこの辺で出てくるしそもそも幼児は自分の気に入らんこととかがあって何かのスイッチ入るとギャン泣き開始や
小学校上がるくらいまではだいたいみんなそんな感じやで
(5ちゃんねるから引用)
 一方、遺体の司法解剖で、優陽ちゃんの胃には固形物がなく、死亡したとされる29日昼まで半日以上にわたり食料を口にしていなかった可能性があることも明らかになった。置き去りにされたベビーサークルにも食料や飲料水は置かれていなかった。真由美容疑者らはUSJに出かける際も朝食を与えていなかった疑いがある。優陽ちゃんは発見時に痩せ細っていたとされ、府警は日常的な栄養摂取の状況も詳しく捜査する方針だ。(Yahoo!ニュースから抜粋)
こんなひどいことがあり得るのか?2歳児を家に置いたまま自分の子供だけ連れてユニバーサルスタジオジャパンに行くなんて許せない。

追記:小野優陽ちゃんに水かけるように指示されたのは誰

関西テレビ
ベビーサークル内に11時間放置
大阪府富田林市の集合住宅で、熱中症が原因で2歳の女の子が死亡し祖母らが逮捕された事件で、祖母が別の家族に対し女児に水をかけるよう指示していたことが2日、新たに分かりました。
保護責任者遺棄の疑いで逮捕された小野真由美容疑者(46)と桃田貴徳容疑者(50)は先月29日、富田林市の集合住宅で、孫の小野優陽ちゃん(2)を約11時間放置し、死亡させた疑いが持たれています。
優陽ちゃんの死因は熱中症で、小野容疑者らは、優陽ちゃんを板で囲われたベビーサークルの中に残し、桃田貴徳容疑者らとテーマパークに出掛けていました。
捜査関係者によると、優陽ちゃんが自宅でぐったりしているのを発見した別の家族から電話で連絡を受けた際、優陽ちゃんに水を掛けるよう指示していたことが2日、新たに分かりました。
小野容疑者らは「クーラーをつけて窓を開けて外出した」などと話していて、警察は当時の詳しい状況を調べています。
(関西テレビから抜粋)
15の息子は110すべきだった
(爆サイからの引用)
「優陽ちゃんが自宅でぐったりしているのを発見した別の家族から電話で連絡を受けた際、優陽ちゃんに水を掛けるよう指示していた。」この別の家族は誰だったのかは公表されていないのです。
普通に考えれば一緒に住んでる15歳の四男なのかもしれない。15歳の四男はDVに加担していたか、小野真由美容疑者に支配されていたのか、優陽ちゃんを助けたら自分がDVの対象になってしまうかもしれなかったのかはわかっていません。15歳の四男も調べてみる必要があります。

小野優陽ちゃんは引き取られた時から足を粘着テープで縛られてます

大阪府富田林市で小野優陽ちゃん=当時(2)=が自宅に放置され熱中症で死亡した事件で、逮捕された祖母の小野真由美容疑者(46)らが約1年前から優陽ちゃんの足を粘着テープで縛っていたことが府警への取材で分かった。拘束の様子を撮影した写真がスマートフォンに残っていた。府警は8日、優陽ちゃんの手足を縛って柵に閉じ込め死なせたとして逮捕監禁致死の疑いで小野容疑者と同居の桃田貴徳容疑者(50)を追送検した。

府警によると桃田容疑者は「私は縛っていない」と追送検容疑を一部否認し、小野容疑者は黙秘している。(中日新聞より抜粋)

亡くなった約1年前から足を縛ったってことになると、小野優陽ちゃんは祖母である小野真由美容疑者に引き取られてから足を縛られていることになります。
その状況は小野優陽ちゃんのお父さんは知っていたのか、Twitterにあげているいつも一緒にって言葉は嘘にしか見えないのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました