小野優陽母親インスタ特定「名前は愛娘への贈り物」大阪府富田林市 | Hipo Times
大阪府小野優陽ちゃんDV事件

小野優陽母親インスタ特定「名前は愛娘への贈り物」大阪府富田林市

大阪府小野優陽ちゃんDV事件

大阪府富田林市の集合住宅の一室にベビーサークルに閉じ込められ、放置された小野優陽(おのゆうは)ちゃん2歳が死亡してます。保護責任者遺棄の疑いで、小野真由美容疑者と桃田貴徳容疑者が逮捕されています。

小野優陽ちゃんの母親のInstagramアカウント特定、名前、仕事、プロフィールを調査優陽ちゃんの名前は両親から1字づつもらっています。

小野優陽ちゃんの母親のInstagram判明

小野優陽ちゃんの父親のTwitterアカウントと、Instagramアカウントは報道の写真から特定されています。そのInstagramアカウントフォロワーの中に優陽ちゃんのInstagramアカウントと、小野優陽ちゃんのお父さんの鍵アカウントと、小野優ちゃんの母親のアカウントを発見しています。

そしてその優陽ちゃんの父親のInstagramのアカウントから優陽ちゃんの母親のアカウントが特定されました。鍵アカウントのため内容は見ることはできません。優陽ちゃんの父親も母親も被害者の為、両親のTwitterアカウントも、Instagramのアカウントも詳細は控えさせてもらいます。

優陽ちゃんの母親のInstagramの写真は父親と母親2人の写真です。結婚前もしくは優陽ちゃんが生まれ前の写真です。

 

母親の名前は愛称しかTwitterにでていない為名前の漢字も解っていませんでした。インスタグラムの写真から優陽ちゃんの父親の名前と母親の名前も旧姓も、生年月日もわかっています。

小野優陽ちゃんの名前は両親からの最初の贈り物

両親のInstagramとTwitterを追っていたときに見つけています。優陽ちゃんの父親の名前はTwitterからすぐに探すことができています。しかし、Twitterでは優陽ちゃんの母親名前は愛称のみで、漢字ではっきりか書いてはいないのです。

Instagramを調べた結果、小野優陽ちゃんの名前に秘密があったのです。実は父親と母親の名前から一字ずつもらっています。優の字は母親から、陽の字は父親からもらい優陽ちゃんだったのです。産まれた時に両親二人から一字ずついただいて名前にしています。

自分の命をかけて産んだ子供に自分の名前の一字を分けた愛娘、可愛くないわけない。インスタグラムでも優陽ちゃんの父親は酒、タバコ、ギャンブル、夜遊び、女遊び全てやめて、娘につきっきり、母親がいない理由は何かあるのではないか、何か外力が加わったのか調べていきます。

小野優陽ちゃんの両親DVで別居はうそ?

Instagramを見ている感じだとDVをしている感じは見られなかった。報道でDVで別居となっていますがDVで3人ともバラバラになってしまうのはおかしいと思います。普通のDV場合、父親に接触禁止が出て、親権は母親にいきます。

今回の小野優陽ちゃんの家の場合は親権は父親が持っています。これは母親の親権拒否か、特定妊婦で親権剥奪されてしまったかもしれないのです。

小野優陽の母親は特定妊婦に認定されていた?

小野優陽ちゃんの母親は優陽ちゃんを出産した当時は17歳の未成年なのはわかっています。そこでどんなことが起こるのか調べています。

優陽ちゃんの母親は特定妊婦の可能性があります。

特定妊婦とは、児童福祉法に基づいた養育上の公的支援を妊娠中から必要とするような環境にある妊婦のことをいいます。

小野家の場合父親、母親の互いが未成年です。収入があったとしても高校に行っている写真も見つかっていないため高卒ではなく中卒の可能性があります。

妊娠した時に産婦人科から母子手帳の発行から市役所に報告が行って支援対象になてしまった可能性があります。

児童福祉法では、「出産後の養育だけでなく、出産前においても支援を行うことが特に必要と認められる妊婦」と定義されている。出産前の妊婦が、貧困状態にあったり、複雑な家庭内事情を持っている場合など、子どもの養育に対する支援が必要と判断されれば「特定妊婦」として登録されてしまいます。

若年妊娠:特定妊婦の判断基準は若年の妊娠・出産が含まれてます。出産後の状況が、年齢的に子どもである母親が子どもを育てる状況から育児に環境に影響が及んでしまうことを予防するためです。未婚・未成年で子どもを出産した女性は、成人するまでの期間民法に定められ、出産した子どもの親権取ることができないことがわかっています。

また、特定妊婦の判断材料には心身的な不調・身体的な不調からのエジンバラ産後うつ評価表を用いて療育的機能不全や虐待、もしくは虐待死させてしまう可能性を事前に検知した時にアプローチすることになります。

この特定妊婦の解除は両親が子供を育てられる環境が整った時に解除されます。

今わかっているのは、母親は今年の8月21日に20歳になって成人と認められ、やっと年齢的ハードルはクリアする所だった。あとは育児環境のを整えるためにはお金が必要ため頑張って貯めている所だったのです。

もう少し早ければまた3人での生活ができたのです。

小野優菜ちゃんの両親は何処行ったの?

事件が起きてから小野優陽ちゃんの両親は公に出てきていません。もちろん出る必要はありません被害者なので出る必要はありませんが、もし、両親が祖母に優陽ちゃんを預けなければ起きなかたかもしれないのが悔やまれます。

親はどこいったん?
爺婆に丸投げ?
逮捕するなら親だろ
実の父親も母親も育児放棄できるやつだからね
子供の実の母親夜職で働いてるよ。ラウンジ行ったことある 早く身バレすればいいのに
小野優陽ちゃんの両親は育児放棄したのか、どうして優陽ちゃんが父親の実家に引き取られたのかは、今の状況ではわかっていないのです。優陽ちゃんのお母親も夜職、ラウンジというとホステスになります。
この情報が本当であればなんでホステスをやっているのか疑問になります。

小野優陽ちゃんの母親のプロフィール

名前:小野優陽ちゃんの母親の名前、旧姓もわかっていますが、掲載はしません。小野優陽ちゃんの一文字が入っています。

生年月日2002年8月21日
年齢:20歳
一児の母親
職業:ホステス

写真を貼るのはプライバシーの保護もあり厳選して身バレもしないように掲載しています。小野家が3人で新たな生活が始まろうとしていた矢先の事件として調査しています。

小野優陽ちゃん母親TikTok判明

小野優陽ちゃんのお母さんのTikTokが判明しています。このTikTokのどうがは、優陽ちゃんが生まれる2年前、母親は中学3年生に投稿した動画になります。

ガッチリメイクした顔は中学3年生には見え無いのです。メイクしていない顔はもう普通に子供顔です。優陽ちゃんのお母さんは童顔なので2年経ってもあまり変わらないのです。年齢的にも遊びたい年齢、優陽ちゃんを捨てた可能性もあります。

ツイッターアカウントの顔の形、鼻筋のほくろの位置など完璧に同一人物だと確定できます。子供が子供育てるのってできないよ。

追記:小野優陽ちゃんは手足を粘着テープで縛られ、脱水でなくなった

死亡したのは小野優陽(ゆうは)ちゃん。捜査1課によると、小野真由美容疑者(46)と桃田貴徳容疑者(50)は6月27日午後8時ごろ、優陽ちゃんの手足を粘着テープで縛り、自宅居間のベビーサークル内に閉じ込めて外出。29日昼ごろまで置き去りにし、死亡させた疑いがある。真由美容疑者は黙秘し、桃田容疑者は「27日は少なくとも私は縛っていない」と供述しているという。(ライブドアニュースからの抜粋)

小野優陽ちゃんの手足は粘着テープで縛られていたのがわかっています。桃田貴徳容疑者は少なくとも縛ってはいない、5歳の5男が縛れるわけない、粘着テープで手足を縛ったのは小野真由美容疑者しかいないのです。

追記:1年前から粘着テープで縛っていた画像見つかる

大阪府富田林市で2歳女児が自宅に放置され熱中症で死亡した事件で、逮捕された祖母らが約1年前から女児の足を粘着テープで縛っていたことが8日、府警への取材で分かった。拘束の様子を撮影した写真がスマートフォンに残っていた。(Yahoo!ニュースより抜粋)
1年前から粘着テープで縛っている写真があるとすると、祖母に引き取られた時から縛られていたことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました