大田夏瑚大学・顔画像「肌の透き通った色白美人」大阪府殺傷事件 | Hipo Times
殺傷事件

大田夏瑚大学・顔画像「肌の透き通った色白美人」大阪府殺傷事件

殺傷事件

26日午後10時40分ごろ、堺市西区津久野町の路上で女子大学生20歳が刺されて死亡しています。この事件で逮捕されたのは自称大学生、山本巧次郎容疑者23歳を殺人容疑で逮捕されています。また、山本巧次郎容疑者は「女性がマンションから飛び降りた」と供述していることに注目が集まっています。

当記事は大田夏瑚(おおたかこ)さんの大学、顔画像、SNS、を調査して掲載しています。

大田夏瑚(おおたかこ)さん「肌の透き通った色白美人」

報道で被害者は大田夏瑚さん20歳で大学生で現場近くに住んでおり、そこから大学に通っていた事がわかっています。山本巧次郎容疑と付き合っているおり、同棲もしていたことがわかています。

大田夏瑚さんの情報からどこの大学か調べてみます。この地域にある大学は大阪物療大学(保健医療学科 診療放射線線技術学科)と、羽衣国際大学(現代社会学科・放送メディア映像学科・人間生活学科・食物栄養学科)になります。

報道から大学のホームページが公開されており、調査していくと、大阪物療大学のホームページに大田夏瑚さんと同姓同名の女性の写真が報道されています。それを見ると大田夏瑚さん診療放射線技師になりたかったと3年次生とか書かれています。(現在では大学ホームページから消されています。)

大田夏瑚さんは報道で20歳なのが報道されています。普通に考えれば、大学2〜3年生となります。大学ホームページでは3年生なので、名前と年齢、住んでいる地域などを考えると、間違い無いです。

大田夏瑚さんは3年次で大学ホームページに掲載されています。大学ホームページに掲載されるのは優秀・容姿・人柄など考慮されるらため、本当に優秀な放射線技師になるはずだったのです。

 

皆で同じ目標に向かって勉強できる環境で、とても充実しています。
1年次の前期では座学中心の授業で、基礎から教えてもらえるので、高校で履修していない理系科目でも安心して学ぶことができました。また、一般教養の授業などもあり、人間として成長できた実感があります。
1年次の後期では実験などの授業も増え、実際に自分で実験し、結果を見ることによって、印象にも残るし、診療放射線技師になりたいという思いが強くなりました。 日々の授業の中で、わからないところを作らないように着実に学んでいき、将来診療放射線技師として働く未来のために備えていきたいと思います。(大学ホームページから抜粋)

大田夏瑚さんのプロフィール

名前:大田夏瑚さん(おおたかこ)
年齢:20歳
住所:大阪府堺市西区
大学:大阪物療大学
学年:3年次生
学部:診療放射線技術学科
職業:大学生
出身:三重県
出身高校:三重高等学校
事件場所:堺市西区津久野町1丁

大田夏瑚さんは大阪物療大学「放射線技師の大学」

 

学校法人物療学園は、2011 年に 4 年制大学への改組転換を行い、大阪物療大学保健医療学部診療放射線技術学科は2015年3 月に第 1 回目の学位記授与式され、2021年の放射線技師国家試験合格率100%の大学になります。
最近ではドラマ「ラジエーションハウス」が放映され、放射線技師にも脚光が集まっています。大田夏瑚さんは未来の放射線技師として夢を持っていたのです。

 

山本巧次郎容疑者も大阪物療大?

今のところ山本幸次郎容疑者の情報はほとんどないのです。Facebookで調査しましたが、同性同名の方がいますが、住んでいる地域が違うため、当てはまらないため断定できないです。

大田夏瑚さんと、山本巧次郎容疑者容疑者は同じ大学だと報道されています。さらに山本巧次郎容疑者は23歳と報道されています。何処の大学生で学年も、わかっていませんが、23歳で大学に入る人だっています。

医療系大学では社会実経験してから大学に入る人もいます。他の大学から編入する人だっています。自称大学生と言っている時点で大学生なのかはよくわかっていませんが、同じ大学だというと納得はできます。

 

大田夏瑚さんと山本巧次郎容疑者の馴れ初め

 

 

・約2年前に同棲大田夏瑚さんと山本幸巧次郎疑者は同棲していることが分かっています。
・昨年は中の良い印象だったそうです。
・最近山本巧次郎容疑者はお酒を飲むと暴力を振るうそうです。
・大田夏瑚さんの足にあざがあったり、顔がちょっと腫れたりしたそうです。
・先週〜先々週山本巧次郎容疑者から別れを切り出され別れたそうです。

これを見ると不思議な点があります。

・2年前に同棲を始めたってことは18歳で大学に入学して少しして同棲始めたことになります。早いのはいいが、三重から出てきた女の子が同棲するって簡単によく決めています。
・DVがあった時点でなんで大田夏瑚さんは別れなかったのか、恐怖に支配されていたのか、これはわかっていないです。
・山本幸次郎容疑者は自分で別れを切り出してその後、刃渡り15cmのナイフを持って来るって「なんで?」これがストーカーなのかと言う事です。

山本巧次郎容疑者大阪堺市殺傷事件概要

・26日午後10時40分、大阪堺市西区津久野町の路上で事件が起きています。
・「男が女を刺している」と通行人から通報されています。
・20代の女性が上半身を複数回刺され、心肺停止の状態で病院に搬送されたが間もなく死亡しています。
・殺害された女性の名前は報道によると大田夏瑚(かこ)さん20歳です。
・刃渡り約15センチの包丁で女性を殺害しようとしています。
・殺人未遂容疑で自称大学生、山本巧次郎容疑者23歳を現行犯逮捕しています。
・「刺したことは間違いないが、殺そうとしたかは思い出せない」と供述している。
・山本巧次郎容疑者は女性の交際相手とみられています。
・女子大学生は肋骨や骨盤を骨折しています
・現場近くの自宅マンションからは血痕が見つかっています。
・司法解剖の結果、死因は胸部の刺し傷による失血死です。
・刺し傷は全身に十数カ所あり、一部は心臓に達しています。
・山本巧次郎容疑者は逮捕時、刃渡り約15センチの包丁を所持しています。
・山本巧次郎容疑者は、警察の調べに対し、大田夏瑚さんは交際相手だと話しています。
・大田夏瑚さんの知人より大田夏瑚さんは交際相手からのDVを知人に相談しています。
・警察にはDVの相談はなかった。
・山本巧次郎容疑者は「殺そうとしたかは思い出せない」と供述ています。

 

山本巧次郎容疑者の供述は支離滅裂「エゴイスティック」

山本巧次郎容疑者は同棲していた元彼女を刃渡り15cmの刃物で滅多刺しにして同棲していた4階から落としたか、大田夏瑚さんが逃げるために自分から落ちたかはわからないです。これで「殺そうとしたかは思い出せない」これを言っています。

さらに山本巧次郎容疑者は「女性がマンションから飛び降りた」と供述しています。これってすごくおかしいです。「殺そうとしたかは思い出せない」と言っている人間が、「女性がマンションから飛び降りた」と言っています。

怒ったかわからないが、衝動的に女性の命を奪って殺そうとしたかはその時わかっらないマンションから落ちたかもわからないならわかります。でもマンションから落ちた事は覚えているっておかしいです。

山本巧次郎容疑者は怒ると何をするかわからない性格なのかもしれないのです。山本巧次郎容疑者を信じるか信じ無いかはあなた次第です。

追記:大田夏瑚さんは動けなくなったところを刺された

司法解剖の結果、大田さんの死因は心臓や肺などを刺されたことによる失血死でしたが、ろっ骨や骨盤などが折れていたことが新たに分かりました。
山本容疑者は、「被害者がベランダから飛び降りた」と供述していて、2人が一緒に住んでいたマンションの4階の部屋からは、血の痕も確認されています。

警察は、大田さんが室内で襲われた後、何らかの理由でベランダから転落し、さらに路上で刺されたとみて調べを進めています。

大田さんは4階のベランダから怖くて逃げて、もしくは4階のベランダから落とされ、動けなくなったところを刃渡り15cmの刃物で路上で刺されたことになります。それで、「殺そうとしたか覚えていない」って殺す気じゃないと刺さないです。
追記:大田さんのマンション画像入手
このマンションの4階が大田さんの家だったのです。ここの4階から落とすなんて殺意しかないさらに下で執拗に刺したなんて酷すぎます。
山本容疑者はここで大田さんを刺したのです。

追記:山本巧次郎容疑者のTwitter判明

今まで山本巧次郎容疑者のTwitterは確定されてなく、同姓同名のアカウントはあることがわかていたのですが確定まではできていなかったのです。山本巧次郎容疑者の友人とコンタクトを取れた方からの投稿でTwitter・インスタグラムが判明しています。
他にも眉毛をいじられるのが嫌だという情報から山本巧次郎容疑者の顔も確定しています。
たかが彼女と別れたくらいで何やっているのか、本人はわからないと言っていますが、完全に凶暴性がなくなるまで世の中に出てはいけない人です。
山本巧次郎容疑者は童顔ですが23歳の男性です。大田夏瑚さんの命を普通ではありえない方法で奪っています。4階から転落した後に刃物で複数回刺したことを飲酒していて心身共に正常じゃないと情状酌量され減刑されるのは絶対やらないでほしいです。

追記:山本巧次郎容疑者の剣の道は強豪剣道部に行って挫折

「小中学校の頃は基本的に良い子という印象でした。勉強の成績はあまり良くなかったようですが、友達も多く、甘いマスクで女子からも人気がありました。割とモテていて、何人かと付き合っていました。

小学生までは剣道が強く、それで府外の中学に進学して強豪剣道部に入ったのですが、そこからはあまり伸びませんでした。本人もそこまで真剣ではなかったようです。サボってはいませんでしたが、自主練などはやっていませんでした」(文春より抜粋)

 

大阪府内の山本容疑者の実家周辺で聞き込みをしたところ、山本容疑者を知る同級生の親は「最近は見かけていませんが」と言いながら、かつての印象をこう語った。
「剣道をずっとやっていて結果も出したようです。子供の頃はお兄さん思いのいい子でしたよ。報道されているような酒に酔って、とかは分かりませんが、なんであの子がこんな事件を起こしたんだという信じられない思いです」(文春より抜粋)
小学校、剣道をしており中学では府外の強豪中学剣道部に所属、そこで剣の道から徐々に外れてしまったのか、高校では剣道部に所属はしなかったのです。
大学に入ると、ギャンブルにのめり込み、月1回は怒鳴っていたのです。また大田さんの知人から山本容疑者の浮気、そして、別れたくても別れられないと漏らしていたようです。

追記:山本容疑者は妄想大好き、自信過剰

「実は、パチンコ屋で会ったときに、彼女だという大田さんのプリクラを見せてもらったことがあったんです。ノロケ話かと思いきや、『束縛されて困っている』『メンヘラ気質がある』『別れることができない』と言っていました。夜遅くまで外出していると、理由を問い詰められることもあったと」(文春より引用)

ちょっと整っているからっていい気になっていたが、別れの話でキレて大田さんを4階ベランダから突き落としさらに殺傷した山本容疑者の素顔です。
『束縛されて困っている』『メンヘラ気質がある』『別れることができない』と自分から友人に話ていて、自分から別れ話して4階ベランダから落とされ、刺されるなんて何考えているのかわからないです。
山本容疑者は23歳で酒・ギャンブルにハマり消費者金融に借金し、またそのお金で取り返そうとしていたのです。23歳で既に堕落しているのです。
この男性が「山本容疑者のものです」というTwitterアカウントを見てみると、競馬予想についてのリツイートであふれていた。そのなかで異質だったのが、2021年11月に投稿されている《病みそうや》という一言だ。
確かに大学でギャンブルはやる人はいます。でも消費者金融にお金を借りてまでギャンブルにハマるなんて異常です。

追記:大田夏瑚さんはダメ男がタイプ

文春の報道では大田さんは診療放射線技師を目指して、勉学していて、大学のウェブサイトにもその様子が紹介されています。子猫の里親になって可愛がるなど、とても穏やかな性格だったそうです。
そんな穏やかな大田さんは山本容疑者のように些細なことで口論になり、取っ組み合いをする人のどこが良かったのか理解できないです。大田さんがダメ男がタイプなのかもしれないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました