大分川一級河川が氾濫か「グランドが水浸し」洪水画像に涙 | Hipo Times
9月18日台風14号

大分川一級河川が氾濫か「グランドが水浸し」洪水画像に涙

9月18日台風14号

一級河川の大分川が氾濫の恐れがあると報道されています。大分川の水位は由布市の同尻水位観測所で氾濫危険水位に到達しています。 大分川では今後、堤防決壊等が発生して氾濫が起きた場合、大分市、由布市では浸水するおそれがあります。

大分川の氾濫の恐れ「グラウンドが冠水」

14時頃

17時30分頃

橋の状態から見ると元の川幅が広くなっています。水害になる前と後では大違いなのがわかっています。

 

 

大分川明磧橋にあるグラウンドは冠水

洪水前の明磧橋の周辺のグランドのストリートビューの写真です。生えている木とトイレが目印にしています。

上の2つの動画は明磧町にある明磧橋南にあるグランドになります。水浸しってよりか、もう川になってしまています。こんな状況になっていますので、くれぐれも見に行こうとなんて考えないでください。

大分県の大分橋は1級河川になっています。台風14号のせいで増水し、濁流になっています。今のところ濁流になっていますが、堤防が決壊したなどの情報は見つかってないです。

大分川の治水は本当にその通り拍子抜けではない

このツイートですが、日本の洪水は国が治水をしてくれているから助かっているところが多いのです。氾濫ギリギリでも耐えてもらえただけでもありがたいのです。よく家が流されなかっただけでもありがたいのです。

台風14号の爪痕で人が亡くならなければそれだけで治水は成功したことになるのです。全国のみなさん危ないなと思った時点で避難は遅れてしまいます。どうか早めの避難をお願いいたします。

現在の大分川流れ着いた貫禄のあるベンチ

台風が去った後の大分川かなり爪痕がありますが、まずは氾濫しなかったこと、人がながされなくよかったです。

大分川の現在の動画です。被害がほとんどなくてよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました