武内俊晴Facebook「元バイカー夢を実現」岡山ゲストハウス暴行事件 | Hipo Times
わいせつ事件

武内俊晴Facebook「元バイカー夢を実現」岡山ゲストハウス暴行事件

わいせつ事件

岡山県里庄町のゲストハウス凸屋の経営者の武内俊晴容疑者48歳は、2019年8月宿泊客の30代の女性に睡眠作用のある薬物を飲ませ、性的な暴行をした疑いで2022年9月20日に逮捕され取り調べを受けています。

この記事では武内俊晴(たけうちとしはる)容疑者、Facebook・ゲストハウス凸屋(とつや)の情報・顔画像の調査掲載しています。

 

竹内俊晴容疑者のプロフィール

名前:武内俊晴  (たけうちとしはる)
年齢:48歳
出身:岡山県 笠岡市出身
家族:独身
趣味:バイク・ツーリング・全国をバイクでまわ
職場:cafe &guesthouse 凸屋経営者
ゲストハウス凸屋住所:岡山県浅口郡里庄町新庄2195-1
凸屋開業:2019年4月1日
凸屋はオートキャンプ場も併設しています。

 

武内俊晴容疑者Facebook「元バイカーの夢を詰め込んだ凸屋」

大親友と大先輩と大師匠にご来凸いただき、
本日、無事にオープンしました。
オペレーションはまだまだ不安定ですが、
ゆるーく見守って頂き感謝します。
また昨日は大勢での庭掃除、
ありがとうございました。

Facebookを調べるとcafe &guesthouse 凸屋は2019年4月1日にオープンしています。

その4ヶ月後8月8日夜から9日朝にかけて、凸屋を初めて宿泊する神奈川県の30代の女性に対して、睡眠作用のある薬物を飲ませて抵抗できない状態にし、性的暴行をした疑いで、経営者の武内俊晴容疑者が逮捕されています。

お盆休みのカフェ営業について。
現在、宿泊のご予約を多数頂いてます。
つきましては、8/10(土)~8/19(月)まで、
カフェ営業は「臨時休業」とさせて頂きます。
ご来店を予定されていた方には
大変ご迷惑をおかけしますが、
宜しくお願い致します。
8/20(火)より通常営業致します。
尚、自家焙煎コーヒー豆の注文は
各SNSメッセージ等で常時受け付けています。
皆様、楽しい夏休みをお過ごし下さい。
Facebookを調査すると2019年8月8日神奈川県の30歳女性が凸屋に初めて宿泊した日のFacebookの書き込みです。この書き込みだと、宿泊客が多く、cafeをオープンすることができないように書かれています。
この凸屋はバイカーの中継地点のような施設です。そうすると、大半の人は車ではなく、バイクや自転車での施設利用になるのです。神奈川からの30代女性もバイカーであった可能性が高いのです。
ファイスブックを確認すると8月は多忙期で毎年忙しく宿泊者が来ています。2019年〜2022年だとコロナの時期でも凸屋は繁盛していたうようです。
宿泊した女性は朝に体調を崩し、検査した結果身に覚えのない睡眠薬の成分が検出されたということは、この日に検査しているはずです。2019年8月8日は木曜日です。
ここからゆっくり3日間かけて神奈川に向かうとしても、岡山から神奈川まで650キロあります。一日200キロ以上は走行するのです。
睡眠薬飲まされているのを知らなくて走行して事故を起こしてしまう可能性だってあるのに自分はバイクで日本中を旅して回ったと言っています。
バイクで日本中を旅をする様になって、
色んな人との出会いがありました。
その経験が今の自分を作っていると思います。
新しい仕事を始めようと思ったきっかけも。
北海道から屋久島、四国や琵琶湖でのカヌー、
色んな所でお世話になってる旅の師匠、
滋賀県の林さんからお祝いが届きました。
本当にありがとうございます。
いつか、このスパークリングで乾杯しましょう!
この凸屋はオーナーの武内俊晴容疑者がバイクで日本を旅して回っていたのがわかっています。自分がバイクで日本中を回り自分がこれがあったら便利、こんなゲストハウスがあったらいいなというのを全詰め込んだ施設が凸屋なのが伝わってきます。
だからゲストハウス・茶室・キャンプサイト3つさらにイベントが盛りだくさんなので、バイクでくる人だけでなく、家族で来る人もいたのです。
しかし、このゲストハウスは単独旅行の女性に知らないうちに薬を飲ませて暴行することまでオーナーの武内俊晴容疑者の夢だとしたらこんな施設は無くなってしまっても問題ないのです。
オーナーは夏になると、毎年の様に
オートバイで北海道へ行ってました。
そんな頃に出逢った仲間の結婚お祝いの会。
パーティーのメインディッシュはたこ焼き。
え?と思うでしょう?
大阪で長年たこ焼きBarを経営されてた
ヒロミさんの筋金入りのたこ焼きは
ホンマにホンマに美味しかったですよ!
ヨッシー&ゆきちゃん、末永くお幸せに〜❤️
オーナーの武内俊晴容疑者は毎年オートバイで北海道に行っていたことがわかっています。そんな中で出会った仲間の結婚を凸屋で行い、その後こんな事件になってしまったことは記憶に残るが、人にはあまり言いたくないことになってしまいます。時が経てば笑える日が来ます。

 

フェイスブッ武内としはる容疑者の顔画像集

当然ですが、武内俊晴容疑者以外の人の顔にはモザイクをかけさせてもらいます。武内俊晴容疑者は単独のフェイスブック

フェイスブックの写真はバイクもなく装備は登山というよりもハイキングの装備です。この凸屋の周辺には御嶽山や神之峰などの登山コースのある地域です。凸屋をベースにして山を楽しむにもいいところだったんです。

夜とつやです。
みんなでバカ笑いしながら
一緒に歯磨きしたので
おやすみなさーい。
ハヴァナイスドゥリーム!
Facebookに上がっているこの写真は昔でいうユースホステルの寮長とそのスタッフみたいな関係みんなで歯磨きなんてコロナ禍だと感染のリスクになってしまいます。

 

こんなスペースに憧れるy人は多い、

 

Facebookのカフェ &ゲストハウス 凸屋

 

楽天トラベル人気ランキング総合部門ついに三冠達成いたしました!

山陽・山陰エリア総合部門1位
岡山県エリア総合部門1位
倉敷・総社・玉野・笠岡エリア総合部門1位
(これは2020年5月17日に獲得しています。)
現在凸屋は楽天トラベルから情報は削除されています。せっかく努力しても、オープン4ヶ月で女性の一人客に睡眠薬飲まして暴行するゲストハウスなんて消えていいです。

フェイスブック、カフェ&guesthouse凸屋のキャンプ場

カフェ&ゲストハウス凸屋にはオートキャンプスペースが設備されており、大中小のサイトがあります。オートキャンプスタイルでテントサイト1つに車1台施設使用料は一人2500円とリーズナブルです。

最近女性の一人キャンパーや、女性バイカーが一人旅をするのが増えてきています。そして、犯罪に巻き込まれるケースも少なくないのです。管理人が変わらない限り使われることはないです。

 

岡山県cafe &guesthouse 凸屋睡眠薬レイプ事件概要

2019年8月8日神奈川県の30代の女性は凸屋に宿泊しています。宿泊後女性は調子が悪く、近くの病院で検査したところ睡眠薬が検出されています。

そして、この事件が発覚したのは今年3月に女性が警察に被害届が提出され事で件が発覚しています。

ゲストハウス凸屋の経営者の武内俊晴容疑者48歳は、睡眠作用のある薬物を飲ませ、性的な暴行をした疑いで逮捕されています。

調べに対し、武内容疑者は黙秘しています。ゲストハウスから、複数の宿泊客を無断で撮影したとみられる、わいせつな写真や動画が見つかっています。警察は、余罪を視野に捜査を進めています。

カフェ&ゲストハウスオーナー武内俊晴容疑者に隙を見せたから

この事件ほ発端は2022年3月に神奈川県の30代の女性が2019年に凸屋に女性の単独で宿泊し、お酒に睡眠薬を入れられたことが発覚しています。

しかし、この神奈川県30代女性、警戒していなさすぎます。管理人のキャンプの師匠はソロキャンプだからこそ。最大限の警戒をしろと教えられています。それは人と離れるためにソロキャンプをするので、女性だろうが男性だろうがテリトリーに入られることはしないのです。

一人旅行だって一人を楽しむためにしているのに、なんで旅先で人と仲良くなろうとするのかわからないのです。人には色々考えがあると思います。女性一人の旅行や、キャンプは考えた方がいいです。一人旅はいいものだけど、女性一人は危なすぎます。

Facebookでも一人旅かっこいいとか、女性のバイカーなど羨ましいと思っている人は多いのです。

女性の一人キャンプも一人旅行も楽しみは独り占めだが、危険も独りで解決しなければならないんです。自分で自分を守れる範囲でやらないといけないのです。できていないなら一人旅はできないのです。

本当にわかっている人は必ずビバーク場所を確保しているんです。何があっても大丈夫な場所を確保しているんです。

今回の神奈川県30代の女性は初めて宿泊する施設の人を信用しすぎです。お酒飲むにも缶でしか飲まないを守っていない。女性だと暴行がありますが、男性だと盗難がついて回ります。一人旅をする前に師匠を持った方がいいのです。

カフェ&ゲストハウス凸屋気になるのはバイカーだったのに設備がすごいこと

普通ゲストハウスをやるにしても多額の資金が必要になってきます。この凸屋設備かなり力いれているんです。武内俊晴容疑者の凸屋のフェイスブックからも見てみます。

歩きヒッチハイカーの大学生をナンパして
ネギ畑の土作りを手伝わせる
悪いオーナーは私です。
ワーホリで海外に行きたいとの事で、
外国人に抹茶は喜ばれるという話になり
茶道教室にも参加して貰いました。
学生のヒッチハイカーに食事や祝は宿泊場所を提供して施設を作るのに手伝ってもらったりしているのです。
これはよく北海道の農家がやっている事で、バイト代少ないおけど、食事と寝床提供すると言ったらバイカーは群がってくるのです。その応用で働き手を連れてくることもやっていたようです。

近隣住民によると、「娘を返して」と凸屋にかけ込む人もいたそうです。 ある女性は「7~8人の女性が入れ替わり出入りしていた」とも。 別の男性は、警察官が複数回、凸屋に入るのを見たと語りました。

武内容疑者がゲストハウスをオープンしたのは4年前。改装に時間がかかって費用がかさんでしまい、土地代を含めるとおよそ3500万円になったという。だが、近所の住民によると、

「彼は近隣にある笠岡市の出身。酒飲みの父親はすでに亡くなっていて、母親は父親と離婚して今も行方知れずと聞いています。容疑者はともに独身の兄と一緒に笠岡市のアパートで暮らしていて、決して裕福ではなかった。それなのに、どうしてそんな高額の開業資金が捻出できたのかが不思議でした」

金の出どころはどこだったのか。実は、容疑者は女性宿泊客の親と金銭トラブルも起こしていた。

「親とケンカして家出してきた女性が容疑者の宿に数か月間泊まっていて、母親が娘を取り返しにきたことも。そのとき、母親が“娘は100万円を数回、うちの口座から下ろして宿につぎ込んでいる”と言っていました」(別の近所の住民)
(週間女性プライムから引用)
この記事を見ると武内俊晴容疑者は犯罪者の匂いしかしないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました