波汐國芳家族「波汐瑞夫はやり手のビジネスマン」福島暴走事故 | Hipo Times
福島県高齢者暴走事故

波汐國芳家族「波汐瑞夫はやり手のビジネスマン」福島暴走事故

福島県高齢者暴走事故
19日午後4時45分、歌人波汐國芳容疑者は福島県のイオンから軽自動車を運転中、歩道を数十メートル走行し、川村ひとみさん42歳をはねて死亡させ、その後車3台に相次いで衝突し6人が死傷する事件を起こし注目を集めています。

波汐國芳(なみしおくによし)容疑者の家族・妻の情報・息子・職業・会社・事務所、Facebook・娘の情報を調査掲載しています。

波汐國芳容疑者の家族「妻は癌で死別」

波汐國芳容疑者の家族について調査していきます。波汐國芳容疑者は福島の自宅に住んでいることがわかっています。そして調査すると波汐國芳容疑者の家族は4人で、妻と娘さんと息子さんがいることがデイリー新潮の記事でわかっています。

奥さんは3〜4年前に亡くなっていることがわかています。年数にすると2018年〜2019年に亡くなったことがわかっています。亡くなった後に出された歌集鳴砂の歌に死因を歌にしていることがわかっています。

癌に妻と共に戦い、長い間支えあってきた最愛の妻への挽歌も胸を打つ「癌ゆえに逝きにし妻ぞ被爆地の福島に住み逝きにし妻ぞ」この歌で奥さんの死因がは癌でな亡くなっていることがわかっています。

妻を失って歌で残すところがまた歌人として粋なところがあります。また歌から「福島に住み逝きにし妻ぞ」というところから福島に妻がいると取れます。

そして波汐國芳容疑者は妻が亡くなってからの3〜4年は、娘・息子のところに行くのではなく福島に残ることを選んでいるのです。

歌のせいか、妻が眠る福島からは出る気はなく、福島と妻がいるから不便でも福島から離れる気はなかったようです。

 

癌ゆえに逝きにし妻ぞ被爆地の福島に住み逝きにし妻ぞ
砂が鳴くのか、人が哭くのか。福島のいわきから原発への怒りを発信し続ける第15歌集。ともに戦い、長い間支えあってきた最愛の妻への挽歌も胸を打つ。〈癌ゆえに逝きにし妻ぞ被爆地の福島に住み逝きにし妻ぞ〉

砂が鳴くのか、人が哭くのか。福島のいわきから原発への怒りを発信し続ける第15歌集。ともに戦い、長い間支えあってきた最愛の妻への挽歌も胸を打つ。
3~4年前に妻を亡くしてからは、ずっと一人暮らしだった。 「ヘルパーさんが週に何度か家に来て、身の回りの世話をしています。どこか体が悪いのかリハビリ専門の方も出入りしていました。娘さんと息子さんがいますが東京に住んでいて、たまに帰ってくるくらいです」
デイリー新潮 より引用)

波汐くによし容疑者の家族「息子は行政書士になったアナリスト」

波汐という名前の分布を検索すると福島のいわきと東京の練馬にしかいない全国で20人くらいしかいないかなりレアな苗字になります。また波汐で検索すると行政書士なみしお事務所というのがヒットしています。

普通に有名人として波汐國芳と書かれています。

この事務所を調べると波汐瑞夫さんという方が代表でカブブログというのをやっており、ブログで書いていあることを全部確認していきます。

2017年5月31日のブログに「父親が日本現代詩歌文学館賞という大変名誉な賞をいただき、ほぼ家族全員で岩手の北上というところに行ってまいりました。」

とあります。この日本現代詩歌文学館賞を調べると波汐國芳容疑者の受賞した賞になります。ここの建物の名前も日本現代詩歌文学館になり、住所は岩手県北上市本石町2-5-60と岩手県になります。

これで波汐國芳容疑者と波汐瑞夫さんが親子だという繋がりがあることがわかります。

このブログを確認すると、息子さんの波汐瑞夫さんが博識なのがわかります。岩手県に日本で唯一の詩、短歌、専門の総合文学館というだけで宮沢賢治の故郷が岩手県になることがスッと出てきています。

父親の波汐國芳容疑者の影響もあり、歌人に詳しいようです。

風の又三郎
父親が日本現代詩歌文学館賞という大変名誉な賞をいただき、ほぼ家族全員で岩手の北上というところに行ってまいりました。
北上市挙げての歓迎、おもてなしに感激。
日本現代詩歌文学館は日本で唯一の詩、短歌、専門の総合文学館。
なぜ、ここに建てられたかというと、やはり、宮沢賢治の存在が大きいのではと想像します。
宮沢賢治は37歳で亡くなりましたが、死後その才能は大変な評価を得ています。
私達の心へのその影響は計り知れません。
詩や短歌、俳句は後世にまでその芸術を伝えます。
私は多少、現在の仕事だけでいいのかと己の俗物性をしみじみ考えさせられました。
自分には何か後世に残せる作品はないのか? と。
それでも、私は日々の外国人のビザ申請にまい進するのでした。

(カブブログ)2017年5月31日

波汐國芳『警鐘』(2016年12月/角川文化振興財団) 著者 波汐國芳 タイトル 警鐘 出版年月/出版社 2016年12月/角川文化振興財団 受賞回[年] 32回[2017年] 分野 短歌部門 分類 作品

波汐瑞夫(なみしおみつお)プロフィール「仕事は外国人向けのビザを申請する行政書士」

歌人の波汐國芳容疑者の経歴もすごかったですが、息子の波汐瑞夫さんの経歴もすばらしい経歴を持っています。しかも
法政大学卒業後この時を22歳として計算すると現在64歳〜65歳になります。証券会社に入社し国際部勤務英国ロンドン現地法人駐在になっている時点でもうエリートです。
そして日本証券アナリスト協会検定会員・ファイナンシャルプランナー・生命保険協会コンサルタントを持って国際部勤務英国ロンドン現地法人駐在になっています。
そんな証券会社にいればエリート間違いなしの波汐瑞夫さん2014年に行政書士の試験に受かっています。この行政書士は国家試験としては難しい資格になります。
行政に提出する書類を全般に作成する仕事で、弁護士とはいかないが合格率10%満たない難関国家試験でもあります。それを働きながら取得したことになります。
この時56歳くらいになります。定年を前に少し早い独立を考えていたのか、華麗なる転身を実現しています。こんなの能力が高い人間でないとできない真似です。
そもそも行政書士を取ると、そのまま事務所開業できるくらいの効力を持っています。さらに行政書士なみしお事務所のHPでは外国人向けのビザ代行を一手に引き受けています。
①在留資格認定証明書
②在留資格変更
③在留期間更新
④在留資格の取得
⑤資格外活動許可
⑥就労資格証明書
⑦永住許可
⑧定住者
⑨再入国許可
⑩短期滞在
これだけの仕事をこなしています。外国人で日本で働きたい人、国にいる妻や、夫を呼んで日本で永住権を求めている方のビザという問題を解決しているのです。
証券マンとしての今までのノウハウと、英語も普通に喋れるのだと考えます。能力を活かして池袋サンシャイン60の近くに行政書士の事務所を構えています。
友人数人確認しましたが、バングラディシュ・台湾・ネパール・インドから来ている人のお役に立っている素晴らしい事務所です。
どうしてエリート証券マンが証券会社を辞めて、この行政書士の仕事に空いたのかはわかっていないのです。

 

名前:波汐瑞夫(なみしお みつお)
職業:現在行政書士
以前元証券アナリスト
学歴:1980年 法政大学卒業
米国ジョージア州立大学(短期語学留学)
職歴:証券会社入社
国際部勤務英国ロンドン現地法人駐在
2014年 行政書士試験合格しています。
2016年 東京都行政書士会豊島支部所属
2016年 東京入国管理局申請取次行政書士 登録
資格:日本証券アナリスト協会検定会員
ファイナンシャルプランナー
生命保険協会コンサルタント
株のブログを書いています。カブブログ事務所 行政書士なみしお事務所
代表者 行政書士 波汐 瑞夫
行政書士登録番号 第16080021号
法務省入国管理局申請取次行政書士(東)行16第19号
所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-44-10タイガースビル904

行政書士なみしお事務所
行政書士なみしお事務所は、外国人の方のビザ申請や入管手続きをサポートし、その代行サービスを専門とする行政書士事務所です。
小さな事務所ですが、その分お客様の”ご相談には親身に”、”ご依頼には迅速丁寧に”、お客様一人ひとりに合わせた仕事ができます。
池袋JR東口から徒歩5分の場所にありますので、ビザの手続きや書類の準備でお困りの方はどうぞお気軽にお立ち寄りください。

波汐國芳妻の死因は乳がん「妻との思い出は豊間海岸の鳴き砂」

波汐みつおさんの会社は2つある「アジア人材ネットワーク」

さらに調べてみると東京都豊島区東池袋1-44-10タイガースビル904の事務所内にもう一つ会社が見つかっています。この会社はじゃ2018年に東池袋にあったのを池袋に移転させています。

これでわかったことがあります。海外から来た労働力を行政書士の免許で国内で働けるビザを発行し、その人材を日本で就職させることをしている会社になります。

波汐瑞夫さんはかなりやりてのビジネスマンです。

波汐みつおさんのブログは「カブブログ」

ブログもオシャレに作ってあります。忙しい時はあまり書かれていないようで書かれる時でも数件書いているだけです。メインの仕事が一番大変なのかもしれないのです。

内容を見ると、株のアドバイスをしているような書き込みをしています。最終の書き込みには下のような株を下値で買い続けていることを言っています。

「来年の決算では驚く利益が出てるところもあると思う。
円がピーク付ければ(アメリカの景気が少し悪い兆候が出たときか)
どっと、海外投資家が買い始めるのかな。(楽観的予想)
村田製作所、TDK、NEC、三菱重工を泣きながら買い続けています。

 

波汐瑞夫さんフェイスブック「顧客なのか友人は4591人」

ブログだけでなくFacebookも運勢していることがわかっています。がFacebookアカウントは元々の証券マンの時からの付き合いなのか、行政書士の顧客なのか友人数が4591人います。

このアカウントに波汐

 

波汐くによし容疑者のプロフィール

名前:波汐國芳(なみしおくによし)
生年月日:1925年(大正14年)
出身:福島県いわき市
住所:福島市北沢又
仕事:元東北電力社員・元歌人・無職
普通自動車免許1947年「潮音」入社。四賀光子・太田青丘に師事。
歌集『列島奴隷船』等十四冊。
2007年、歌集『マグマの歌』で第三十四回日本歌人クラブ賞受賞。
2007年12月 「警鐘」で日本現代詩歌文学館賞
2009年、福島県文化功労賞受賞。現代歌人協会会員。
『潮音』選者。『白夜』選者。『翔』編集発行人。

波汐くによし容疑者の家族「娘」

娘の情報は特に得られることができいないのです。波汐瑞夫さんのフェイスブックになみしおという名前がありますが、年齢が若いため波汐瑞夫さんの娘さんの可能性があります。

関係ないので掲載はやめます。

波汐國芳妻の死因は乳がん「妻との思い出は豊間海岸の鳴き砂」

波汐くによし容疑者の自宅「一人で住むには広すぎる」

波汐クニヨシ容疑者は福島市北沢又に住んでいることがわかっています。自宅の写真もモザイクがかかっていますが報道されています。

ここの家に妻と住んでいて今は一人で住んでいるのです。駐車場はそんなに狭くないが、運転技量の低下、筋肉の衰え、反射神経の衰えで入れにくくなり軽自動車に乗り換えているようです。

波汐國芳妻の死因は乳がん「妻との思い出は豊間海岸の鳴き砂」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました