ビショップウイリアム仕事は医療系「コロナ検査キットでボロ儲け」 | Hipo Times
美杉台殺人事件

ビショップウイリアム仕事は医療系「コロナ検査キットでボロ儲け」

美杉台殺人事件

12月25日朝埼玉県の飯能市美杉台ニュータウンの住宅の庭で斉藤淳容疑者にハンマーで殴られ一家3人を殺害された事件に注目が集まっていいます。

この記事では被害者のビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんの仕事は医療系、会社は日本ベクトン・ディッキンソン、コロナの抗原キットの会社なのを調査記載しています。

斉藤淳生い立ち「振り込め詐欺の主犯格」美杉台殺人事件

被害者の名前はビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさん

文春の情報で情報が上がっています。埼玉県美杉台殺害されたのは現場宅に住む、夫のビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさん69歳と妻の森田泉さん68歳、そして娘の森田ソフィアナ恵さん32歳と報道されています。

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんは文春から顔写真が報道されています。アロハシャツを着こなし、楽しそうです。

25日クリスマスの朝7時15分ごろ、埼玉県飯能市南東部にある新興住宅地「美杉台ニュータウン」で事件が起こっています。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは近所に住む無職の斎藤淳容疑者になります。

ビショップさんら3人の遺体は、頭や首など上半身に鈍器で複数回にわたり激しく殴打されたような痕があり、出血していたそうです。

3人の身元特定と並行して、犯人の特定が急がれている中で警察官は「以前、器物破損事件の被害にあった家だ」と気がついたのです。

すぐに当時ビショップさん宅とトラブルを起こしたとして逮捕された斎藤容疑者自宅に駆けつけインターホンを押したが家にはいなかったのです。

斉藤淳生い立ち「振り込め詐欺の主犯格」美杉台殺人事件

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんは医療用品の会社、日本ベクトン・ディッキンソンの元社員

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんの悲報は日本ベクトン・デッキンソンで掲載されています。

日本ベクトン・デッキンソン(以下は日本BDとさせてもらいます)という医療用具メーカは点滴の針や、採血の用品糖尿病の血糖値を測る機械、検体採取を採取して検査するための会社です。

最近でいえばコロナ検査の抗原検査キットを売っている企業です。近年コロナ抗原検査キットなどで稼いでいる企業といえます。

埼玉県飯能市美杉台の住宅の敷地で、この家に住むアメリカ国籍のビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんと妻の森田泉さん、それに、夫婦の長女で都内に住む会社員の、森田ソフィアナ恵さんが頭などを鈍器で殴られて殺害される事件が起きました。

亡くなられたビショップさんは40年以上に渡って、日本やアジアに在住。医薬品や医療機器メーカーの日本支社などでお仕事をされており、日本ベクトン・ディッキンソンに勤務されていた際、白須理事長も大変お世話になったそうです。「優しい方だったのに」とショックを受けていました。

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんは40年以上にわたって日本やアジアで住んで医薬品・医療機器メーカーとして仕事されているため、日本BDの社員となります。
現在も日本BDにいるのかはわからないが、もし退職していても、5〜6年前に都心から埼玉県飯能市美杉台に住み替えているのと、車を見ると、裕福な暮らしをしています。
埼玉県飯能市美杉台の土地は高いから裕福か、それなりに稼いでないと住めないのです。

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんはテンプル大学じゃパンキャンパスの外部諮問委員会メンバー

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんはテンプル大学卒業し、さらにテンプル大学の外部諮問委員会のメンバーだった事がわかっています。

日本BD内でもかなり地位の高い人だった可能性があります。テンプル大学の外部諮問委員会のメンバーなんてテンプル大学卒業したからなれるものでもないはずです。

テンプル大ジャパンキャンパス(東京)は、埼玉県飯能市で妻子とともに殺害された米国籍ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさん(69)が、外部諮問委員会のメンバーだったと明らかにし、「一家の突然の死にショックを受け、深い悲しみにある」と追悼のコメントを出した。上級副学長は「日本にとって偉大な友人を失った」と弔意を示した。

ビショップさんは平成12年から30年まで諮問委員会メンバーを務め、同年に名誉メンバーとなった。米東部フィラデルフィアのテンプル大で映像人類学と記録映画を学び、映像人類学で修士課程を修了しており「テンプル大の家族だった」とした。

上級副学長は「米国から来日して数十年間、日本で暮らし、働いた。日本の若者の将来を大切に思い、国際教育に熱心だった。グローバルな人材がどのように考え、行動すべきかの手本だった」と述べた。

斉藤淳・飯能市美杉台殺人事件概要

埼玉県飯能市の住宅街で25日午前、男女3人が死亡しているのが見つかりました。3人は鈍器のようなもので殴られたとみられ、男が逃走しています。現場から最新情報をお伝えします。

――現場の住宅には、ブルーシートがはられています。家の前には、捜査車両が並び、午後6時過ぎ現在も、引き続き鑑識活動が行われているものとみられます。

警察によりますと、25日午前7時半ごろ、飯能市美杉台の住宅の庭先で、この家に住む60代の夫婦とその娘とみられる男女3人が倒れて死亡しているのが見つかりました。

捜査関係者によりますと、3人は鈍器のようなもので頭や首などの上半身を多数殴られていたということで、警察は強い殺意にもとづく犯行とみています。

また、警察が行方を追っている3人を殴って逃げた男の特徴は、黒っぽい服装のほか大柄な体格だということです。

この住宅では事件当時、火事も起きていて、警察は男が住宅に火をつけ、逃走した可能性もあるとみています。

警察は特別捜査班を設置し、60人態勢で捜査しています。

引用:日テレNEWS

斉藤淳生い立ち「振り込め詐欺の主犯格」美杉台殺人事件

追記:ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさん「5年前に引退の場所を美杉台と決めた」

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんは5年前東京都内に住んでいた所を引き払い埼玉県飯能市美杉台ニュータウンに移り住んでいます。

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさんは亡くなった時は69歳5年前というと64歳日本では定年退職直前に美杉台に移住したようです。

となると定年後の引退場所として選んだ事が容易に考えられます。

ビショップさん一家は5年ほど前、事件現場の住宅に移り住んだ。容疑者宅の隣の区画で、直線距離でわずか約60メートル。夫婦で自治会の清掃活動に参加し、ゴミ出しの時にもあいさつを欠かさなかった。最近も、都内に住む娘と妻が地元のスーパーで買い物をする姿が目撃されていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました